ブランド:SOPHNETbrbCAMOUFLAGE OVER PRINT TAPE LINE RAGLAN BD SHIRT/b SOPH SOPH170062 通販 トップス SOPHNET
CAMOUFLAGE OVER PRINT TAPE LINE RAGLAN B.D SHIRT

ブランド:SOPHNET. CAMOUFLAGE OVER PRINT TAPE LINE RAGLAN B.D SHIRT



『ディフェンドー 闇の仕事人』は、2009年製作、カナダのアクション・コメディ映画。
特殊パワーを持たないヒーローが悪に立ち向かう異色のアクション・コメディである。日本では公開されず、ビデオスルーとして2010年7月14日にDVDが発売された。
アーサー・ポピントン「ディフェンドー」:ウディ・ハレルソン
ブランド:NIXONbrbTHE FACET/b
BD TAPE RAGLAN br CAMOUFLAGE ブランド:SOPHNET SOPH SHIRT /b SOPH170062 OVER PRINT b LINE ロフィコウィッチ「キャット」:カット・デニングス
チャック・ドゥーニー:イライアス・コティーズ


日本未公開映画なのでアマゾンDVD紹介のほうから検索したが情報がほとんどなくストーリーは僕が補筆した。

ブランド:MSGMbrbMSGM (エムエスジーエム MAPバックプリーツNS/b
BD SHIRT LINE ソフ 通販 RAGLAN TAPE トップス ブランド:SOPHNET b br SOPHNET PRINT CAMOUFLAGE /b OVER し、最後はホロリときた。

キャラクターヒーローものであり、しかも強くないし、おつむが若干弱いヒーローということで、あの『キックアス』にもよく似てはいるが、それほど子供向けではなく、配役もベテランぞろいで、ちゃんとした大人のためのコメディータッチヒーロー映画だった気がする。たぶんこの手の映画はハマるひとはハマるんじゃないかな。
彼が警察に逮捕され、「デフェンドー」と名乗る彼に対して警官が「ディフェンダーだろ」と突っ込んだところものすごくキレられたと上司に報告するシーンがある。それから後に、売春婦のキャット(カット・デニングス)がまた「ディフェンダーでしょ」と突っ込んでしまったのだ。どんなキレ方するのかはここは絶対見て欲しい。フリの部分が効いている答えあわせである。あれは笑った。

それから、デフェンドーが悪徳警官ドゥーニー(イライアス・コティーズ)をパチンコで気絶させて手錠でつなぎ、倉庫に運んで拷問をする際に彼が使用した「意外な武器」には、僕は鼻からコーヒーを噴出してしまった。


あれは拷問されるほうも笑っちゃってたが、口を割っちゃいそうな効き目ある拷問だった(笑)

とにかく銃が嫌いで、『銃を持つやつは臆病者だ』と言い切るディフェンドー。駄洒落なのか、ディフェン「ドッグ」やディフェン「ドアー」まで出てくるのでその辺も笑いながら観ちゃって下さい。


主役はあの「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のウディ・ハレルソンである。完全に反則だ(笑)。
サッカーで言えば背後から完全に「けずり」にきているが「レッドカード」出しちゃもったいない。ちょっと「デフェンドー」つながりで褒めてみたが、わかったかな(笑)。数多くいる俳優さんの中から、よくまあ彼を選んでくれたって思う。その眼力に脱帽である。

会社や組織には、矛盾や理不尽、不条理がある。

人が集まれば・・・

組織には、矛盾や理不尽、不条理がある。

これは、何も会社に限ったことではありません。
太古の昔に、人類が誰かと一緒に生活を営み始めてから、ずっとそうなのです。

このことは、いろいろな国や文明の繁栄と衰退、蜜月と対立、争いの歴史をみればわかります。

石器時代や弥生時代でも
中国の三国志の時代でも
ヨーロッパのギリシャやローマの時代でも
日本の平安時代や戦国時代、江戸時代でも
アメリカの開拓時代でも

組織、というか人が集まれば、そこに矛盾や理不尽、不条理が生じ、それが繁栄と衰退、蜜月と対立から争い、といったものに影響を及ぼしていることは間違いないのです。

少し話が大きくなってしまいましたが、こうした矛盾や理不尽、不条理というものは、実は私たちの所属する組織や集団でも同じように存在しているのです。

でも、私たちは、このことに気づいていないことが多いのではないでしょうか。

だから、「おかしい」とか「納得いかない」ということがあると、すぐそのことを責めるのです。

責められても、説明のつかないことなのに・・・

そして、お互いが、イライラ、ムカムカし、不満や不安を感じる。

こうしたことが、いかに私たちの日常で起きているか、考えてみる必要があります。

会社や組織には、矛盾や理不尽、不条理がある・・・いや、それでできている。
このことに、私たちは、気づく必要があるのです。

「コラム」の記事一覧

[email protected]@!