ブランド:URBAN RESEARCHbrbCape Heights OUTBACK/b 通販
Cape Heights OUTBACK

ブランド:URBAN RESEARCH Cape Heights OUTBACK

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 ブランド:FRANKLINMARSHALLbrbデザインニット/b
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた ブランド:NIXONbrbTHE KENSINGTON LEATHER /b
通販 OUTBACK Heights br b RESEARCH ブランド:URBAN /b Capeを配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい



2018年平昌オリンピック開催まで、あと360日

安藤美紀選手、浅田真央選手など、女性フィギュア選手が活躍し目立った中、今は男性フィギュアが注目を浴びています。

「選手と同じリンクで習わせているなんて、ちょっと楽しいんじゃない?」そんなノリの親もいます。

ですが冬のスポーツで人気なのは、やはりスケートよりもスキーなどの屋外スポーツです。

フィギュアをやらせたいと言っても ブランド:DIESELbrbDZ175000QQQ/b
アスケートを習えるわけではありません。

大須スケートリンクの場合、基礎クラスからスタートします。基礎クラスは、まず氷になれて滑れるところからスタートし、徐々にステップアップしていきます。

例えばスピードスケート、フィギュアスケートに進む場合、スケート靴は異なります。

子供は途中で飽きてしまったり、他 ブランド:ANAYIbrbアセテートポリエステルロングカーディガン/b
たりしますので、できるだけ色々な事にチャレンジさせ視野を広げてあげる方がいいのです。

こうしてみると、習い事としてはピアノやサッカーといった一般的な習い事と大差ないものです。

ただ、その中には本気でプロになりたい・プロにさせたいという熱の入ったお子さんや親御さんがいるのも確かです。

選手が来るから見に行こうかと言っても、遊びの方に夢中です。これでは、上達しませんし、プロなんてなれませんね。

「スケート靴買うからおもちゃ我慢しよう」

「とりあえず水泳やサッカー、野球、ピアノあたりなら定番かな~」と思ってやらせるのもありですが、スケートだって気軽に始められる習い事です。

広く見てみると、基礎を習っていればいろいろな夢が見えてくるので選択肢が豊富なのです。

専科になりフィギアを選択しましたが、スピードもやってみたいと言っています。

をやって、半期スピードやるお子さんもいますよ」

意外と選択の自由度が高いので、他の習い事と違うのもメリットと言えます。

「本当に続けられるの?あんた、前もそういって始めたじゃないの!いったいいくらかかったと思ってるの?!」

「入城して2~3日後、住民の姿をみかけるようになり、時計の修理のため時計屋を訪れた」(第16師団獣医少尉、稲垣清氏)
「露店で印鑑を作り、城内は極めて平穏だった」(第9師団歩兵第36連隊伍長、近藤平太夫氏)

中国側が言うように朝から晩まで、日本軍が中国人を殺していたのなら、彼らが日本軍相手の商売を続けることなど考えられないはずだ。

「産経」は南京攻略戦で日本軍を率いた松井石根陸軍大将の東京裁判での証言も報じている。

「(大虐殺は)公的な報告を受けたことがなく、終戦後米軍の放送で初めて知った」

松井大将は法学者を顧問として南京に帯同させていたことでも知られる。国際法の徹底順守に尽力した松井大将が虐殺を許すはずはない。大虐殺は戦後初めて聞いたとの陳述は、南京市内は平穏だった、中国人は日本兵相手に商売をしていたなどの複数の証言と整合する。

中国の不条理極まる歴史の捏造を打ち破るには、こうした貴重な証言を積み重ねることが大事である。その意味で阿羅健一氏の『「南京事件」日本人48人の証言』(小学館文庫)も貴重な一冊だ。

阿羅氏の集めた証言中、とりわけ興味深いのは18人に上る記者とカメラマンの証言である。彼らは南京攻略戦を取材し、南京市内の様子を記録に残した人々だ。その中に虐殺を見た、聞いたという人物は誰一人としていない。それでも阿羅氏は取材者として、「東京日々新聞」(現在の毎日新聞)浅海一男記者の「虐殺があった」との言葉を引用し、ただしている。

この問いに、東京日々新聞のカメラマン、佐藤振寿氏は「浅海があの記事はフィクションですと一言はっきり言えばよかったのです。彼は早稲田で廖承志(初代日中友好協会会長)と同級だし、何か考えることがあったんでしょう」と語っている。

同じ現場を踏んだ記者やカメラマンは皆、虐殺などなかったことを知っているのだ。同書には、日本軍が南京に入った後、中国人が小さな子供を抱き上げて日本人カメラマンに、笑顔を見せる写真も掲載されている。虐殺とは程遠い平穏な状況だったことをこの一葉の写真は見せている。

こうした当時の情報について、一日も早く英語に訳して世界に発表することが必要だといえる。