ブランド:FREAK'S STOREbrborslow/オアスロウNOCOLLAR DENIM JACKET/b SALE 通販 35301700120 セール
orslow/オアスロウ NOCOLLAR DENIM JACKET

ブランド:FREAK'S STORE orslow/オアスロウ NOCOLLAR DENIM JACKET

サービス利用記第二弾は、なんとトヨタの水素カー「 サカエbr/SEL0960PR [軽量作業台SELタイプ移動式 900×600×805mm]
」。アメリカで開催されている「Poptech」というイベントに参加したのですが、そこのスポンサーの1社がトヨタで、参加者向けにミライを披露かつ試乗させてくれるというPRををやっていました。これは乗るしか無いということで乗ってみました。

折しも2015年10月21日はバック・トゥ・ザ・フューチャーの日ということで、トヨタもそれに合わせた サカエbr/SEL1875P [軽量作業台SELタイプ 1800×750×740mm]
を配信していました。

ミライはまさにこれに出てくるクルマです。

じゃん!

後部、ナンバープレートの左下にMIRAIとあります。見た目は普通の車と特に変わらない。

ボンネットを開けるとこんな感じ。フロントガラスよりの真ん中にある銀色のハコが水素エンジンです。同行した車に詳しいメンバーにによると、構造は通常の車とあまり変わらないが、ガソリン車に比べて熱が出ないので熱処理系の機構がないとのこと。

カーナビの画面がこんな感じ。ちょっと見にくいですが、左側のバーに「APPS」というタブがあって、音楽、電話、地図、など色々なアプリを起動できるようになっています。ここのエリアはサードパーティにも開放する・・・と同行してくれたトヨタの人が言ってました。ちなみにOSなどはトヨタオリジナルだとのこと。ただ明らかにそういう方面に詳しい感じの人ではなかったので違うかも^^;

Sprocket的には気になる部分ではあります。Sprocketからの配信先チャネルの1つにこのパネルが加わる、ということも十分あり得ます。

てことで運転出発!Poptech会場周辺を1周する感じで、およそ5分位の運転です。

 あわせて読みたい


<リカード比較生産費説「貿易利益」のミクロ経済学による検証>
「リカード比較生産費説で、未だに教科書では、工業国は工業国に、農業国は農業国になってしまうという説が掲載され続けているのか」

「自給自足」より、「分業・交換」が、誰にとってもどの国にとっても利益になることを証明しているから

「発展途上国のように農業国は農業国であり続け、先進国は工業国であり続けることを合理化する」

「比較劣位」なものから、「比較優位」なものに特化する

おのずと工業国は工業国であり続け,農業国は農業国であり続けるべきだという国際分業論を導き出す

しているのに、なぜ正反対の論を書くのでしょう。
日本自動車工業会が29日発表した2009 オリエント4Csbr/JSI1VG [天然ダイヤモンドルース ラウンドブリリアントカット 025ctup 鑑定書付]
産実績は、世界的な景気低迷を背景に前年比31.5%減の793万4561台となった。…
で、ピーク時(1990年)の6割に落ち込んだ。
急成長で1300万台に乗せた中国に生産世界一の座も譲り渡した

世界市場で、半導体、液晶テレビ、携帯電話などのシェアが低迷し、業 ブランド:AHCAHCUMmuchachabrbレーヨン蝶刺繍OP/b
/b DENIM orslow/オアスロウ b 35301700120 ブランド:FREAK'S SALE JACKET 通販 NOCOLLAR STORE br セール 日本の電機メーカー。ソニー、パナソニック、日立製作所、東芝などにかつての輝きは見えない。対照的に好調が際立つのは 韓国のサムスン電子やLG電子だ。今年7~9月期の営業利益は、サムスン電子1社で、日本の電機大手9社の合計の2倍以上に達し

オーストラリアも ブランド:SUNAOKUWAHARAbrbvintage check jacket/b
ドも、先進国です。その



オーストラリアの農産物輸出額は、総輸出額の16.4% を占めます。276億オーストラリアドルに上ります。

先進国において、農業や一次産品が、衰退産業になるわけではない

自然条件に恵まれた農業先進国で、羊毛、穀物、果物、食肉、乳製品などが生産される。豊かな漁場を抱え、マグロ、イカ、タラなどが水揚げされる。であり、近年はアジア諸国への輸出を増加させている。


ニュージーランド ブランド:23区brbバックサテンシャンタン ジャケット/b
の使用を控えるなど、環境に配慮した生産が浸透しています。 2004年度の農産物総生産額は約47億NZドルです。国内消費が25億NZドルなのに対し、輸出が22億NZドル

日本では原則として、自転車は車道を走るよう定められているが、欧米では自転車用の「自転車レーン」の普及が進んでいる。

とはいえこの自転車レーンを走っていれば安全かというとそうでもないようで、突然開いた自動車のドアに衝突したり、自転車レーンが丸ごと障害物で塞がれていたりとトラブルも多いよう。

そんな利用者の実態にそぐわない自転車レーンの実情を警察に抗議するため、とあるサイクリストがとった行動とその映像が面白い。

■自転車レーンには危険が一杯?

わざわざ道路に自転車レーンが設けてあるのはサイクリストにとって嬉しいことだが、実際には自転車レーンならではの危険も多いようだ。

中でもサイクリストたちにとって厄介なのが、駐停車中の車が突然ドアを開き、進路を完全に塞いでしまうこと。

これは「Dooring(ドアリング)」と呼ばれ、自転車人口が多いオランダなどの国ではドアリングによる事故が大きな問題になっているのだそう。

■納得の行かない罰金に抗議

自転車レーンだけを走っていては危険から身を守れないのに、「自転車レーンを走っていなかった」という理由で警察に罰金50ドルを科されてしまったサイクリストの男性。

彼は警察に抗議するため、また「自転車レーンだけを走っていたら如何に危険か」を証明するために、意地でも自転車レーンから出ないで走行することを決意。

障害物があろうと、トラックが駐車していようと構わず突入を敢行。まさに体を張った抗議活動を行ったのだ。

■レーンを塞ぐパトカーに激突!

警察に自転車レーンから外れないよう注意を受けた男性がその通りにした結果、待っていたのは衝突に次ぐ衝突。さらに最後は自転車レーンを塞ぐような形で駐車していたパトカーに衝突し、見事にオチがついた形になった。

彼は動画のラストでニューヨーク警察に対し「自転車レーンを走行しないサイクリストからではなく、自転車レーンをブロックしている人や車から違反切符を切るべきだ」そして「僕の50ドルを返してくれ」と述べている。