ここでは、HUAWEIシリーズのメリット、デメリットをご紹介します。まずは、現行最新機種のスペックをご紹介してから、メリット・デメリットについて説明していきます。

端末ラインナップ

honor8とHUAWEI P9はハイエンドモデル、HUAWEI P9 liteはミドルレンジ、HUAWEI Y9はエントリーモデルといってよいでしょう。Y9のメリットはコストくらいしかありませんので、ここでの話は左3機種を中心とします。

メリット

デザインやブランドイメージ向上、ハード性能、ソフト(UI)、すべての面に配慮が感じられ丁寧な印象をうけます。

1.デザイン

HUAWEIシリーズは、総じてシンプルで飽きのこないシンプルなデザインです。それだけでなく、アルミ製べゼル(外周部)や適度な曲面構成など、高級感もうまく引き出しています。

honor8の背面は15層から成る「マイクロパターン」を採用。角度によって光り方が異なり美しいだけでなく、オリジナル性のアピールでは群を抜いています。

2.P9 liteがコスパ高し

ミドルレンジクラスのP9 liteは実売価格¥27,000程度と、このクラスのスマホでは安さが目立ちます。ライバル機であるZenfone3は、日本版の価格を大幅にUPさせて物議をかもしましたが、HUAWEIはそれをしませんでした。

3.ライカ社と共同開発のカメラ

 

P9のカメラは、100年以上の歴史を持つドイツの光学機器メーカー、ライカ社と共同開発したものです。ブランドイメージを高めているだけでなく、独自の画質調整で暗所でも美しい写真を撮ることができます。カメラにこだわるユーザーは要チェックです。honor8もダブルレンズを採用しています。